読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しかし、戯言。

ぐうたら社会人がぐうたら思ったこと

乃木坂46という奇跡

みなさん、乃木坂46をご存知でしょうか。

f:id:hbcamazingstv:20140224011624p:plain

そうそう、この紫の直角三角形。「知ってはいるけど別に興味はない・・・」という人や「AKBのライバルだっけ?よく分からない・・・」という人が多いのではないでしょうか。はっきり言いましょう、勿体無いです。少なくとも今アイドルに少しでも興味がある人なら一度は立ち寄ってみて頂きたい、そんなアイドルです。
では、何がそこまで魅力的なのかを今日は書きたいと思います。その前に、話を分かりやすく進めるためにも、まずは私がどういった「アイドルオタク人生」をおくってきたか書く必要があると思うので、簡単に紹介します。

俺とアイドルの歴史

北原オタの友人に「一度握手会に行ってみようと誘われる」→西武ドームのAKB全国握手会へ→右も左もよく分からない言葉を叫んでいる→怖い→テレビで見てかわいいと思った篠田麻里子と握手→うわ!可愛い→一瞬で終わる→「これが・・・アイドルか・・・」→気づいたらライブビューイングに足を運ぶように→過去の出演番組やラジオを聞いてメンバーを覚え始める→「AKBの魅力はメンバー同士のわちゃわちゃ感だなあ」→松井玲奈が気になる→個別握手会に初挑戦→松井玲奈にヤラれる→色々追っかけるうちにSKE48へと興味が移る→「SKEのパフォは最高だ!!!」→色んなオタクとTwitterで交流、楽しいな~→小林亜実さん最高だ→名古屋に月1回公演を見に行くようになる→同じCDを20枚買うようになる→ふとCDを買わなくなる→急激に冷め始める→SKEのオタクやメンバーの言動に違和感を感じ始める→もうオタ卒かな・・・→気付いたら乃木坂を登っていた

という歴史なんです。かなり要約しましたが。これだけだと「ただ飽きっぽいオタクがたまたま乃木坂に乗り移っただけ」に見えますね。違うんですね、それが。乃木坂にはこれまでのアイドルに無い「僕がアイドルに求めていた要素」が詰まっているんです。

それでは紹介していきましょう。

乃木坂46という奇跡

①メンバーが(ほぼ)全員可愛い

やはり、アイドルというのはまず第一に「ルックス」が重要ではないでしょうか。最近は企画性を押し出したアイドル(僕は彼女たちを「企画モノ」と呼んでいます)も多いですが、まずは「ルックス」ですよね。で、乃木坂の皆さん、非常に可愛い。というか、もはや綺麗な人も沢山いらっしゃる。ロリっぽい、というよりは女性っぽいんですよね。これは是非皆さんの目で確かめていただきたいんですが、明らかにそれまでのグループアイドルとは一線を画すルックスレベルだと思います。特に48系列と比べると一目瞭然かと。

なので当然、今や雑誌のグラビアにも引っ張りだこ。しかし、まだほとんど水着になっていない、というのが凄いですね。スタイルで勝負、というより、ルックスで勝負しているのもここらへんから分かるでしょう。

②女子校は女子校でも「お嬢様学校」感

勿論下品に騒ぐメンバーもいますが(笑) 乃木坂には「お嬢様学校」感があるように思います。PVを見ててもそれは強く感じますね。後は、ブログやメディアでのメンバー同士の絡みを見ても、なんかこう「お嬢様学校」感が。いつも男子は遠くから見つめちゃう感が。あるんですよ。そういうノリに包まれているのでとても見ていて幸せなんですよね。水着になってないのも、最初に確立したこの空気感をヘタに崩さないためでしょうね。童貞がよく女性に対して抱く「処女幻想」みたいな。女性から一番気持ち悪がられるやつですね。

③演出の凝った大箱コンサート

実はですね、過去「幕張メッセ」「代々木第一体育館」「日本武道館」「横浜アリーナ」で開催された乃木坂のライブ、全部行ってるんです。そこで凄く思ったのが、乃木坂はとにかくコンサートの演出が凝ってます。客席へのサインボールやゴンドラ移動は勿論のこと、光や映像(たまにダサい)の演出もキマってます。曲もライブによってはうまくアレンジされていたり、とデカい箱ならデカい箱なりの見せ方で!というのがきちんと為されてるんですよね。まぁ、その分ダンスや歌唱などのパフォーマンスの面ではまだまだ他のアイドルに負けるかもしれませんが、そういった点だけの評価をアイドルに強く求める最近の風潮に嫌気が差し始めている僕にとってはあまり気にならないことです。

④曲が良い

ここ一年で乃木坂がぐっと注目されだしたのにはやはり「曲の良さ」が一因として挙げられるでしょう。特に何かと取り上げられるのはこの2曲。

どちらも杉山勝彦さんが作曲。すごい才能なわけですが。二曲ともBase Ball Bearの小出さんが絶賛。

 

ベタ褒めですね。で、実は乃木坂はカップリングもなかなか良い曲揃いでして。ソニーの本気なのか何なのか分かりませんが、とにかく曲は良いです。アレンジもストリングスが中心になっている曲が多いですね。そこらへんも「お嬢様学校」感を出していると思っています。(余談:個人的には昨年のAKBのシングルも全体的に攻めてて好きでした。あまり話題にならないけど。鈴懸みたいなアレンジはもう聞き飽きたけど。)

⑤キャラを立たせてくれる冠番組の存在

個人的にはこれがなかなかデカいと思うんです。どーん!

f:id:hbcamazingstv:20140224024450p:plain

乃木坂結成当初から何らかの契約で放送が続いている、テレビ東京系列にて毎週日曜24時から放送中の乃木坂って、どこ?。この番組のおかげで、メンバーの個性はかなり立っている印象です。というのも、ここでやる企画がどれも、他のアイドル番組にありがちなリアクション系や一昔前のバラエティとは違う、「メンバーのこと好きなんだなあ」と思うような企画だからです。この前のバレンタインの際には、「メンバーの中でチョコを渡すなら誰?」という、もうファンならたまらない企画をやっていたりと、もう超ピースフル。そして、その超ピースフルな番組を超支えているのが「バナナマン」のお2人。もうこの2人が司会で本当に良かったとファン一同思っているはず。メンバーがどんなヘマをしても面白く拾ったり、少しでも広がりそうなところがあればすぐに食いついてネタに昇華する。この2人のポテンシャルの高さといったら、もう凄いものです。そんな2人のやりとりのおかげで、この番組からキャラが付いていったメンバーも数知れず。本当に素晴らしい司会者だと思います。乃木坂のファンが自然とバナナマンのファンになることも少なくないとか。

 

といったわけで、長々と書いてまいりましたが、これが乃木坂の魅力です。乃木坂は女性人気も高くて、ライブに行くとカップルで来てたりもするんですよね。よく男性の「可愛い」と女性の「カワイイ」は一致しないという話がありますが、乃木坂はその2つがうまくマッチしている例なのかなと。後は乃木坂、すごいなーと思うのは色々なライブに出てるんですよね。「氣志團万博」やら「HALLOWEEN PARTY」やら「ロックの学園」やら。ジャンルを問わず、あちらこちらに出始めてるのは良いことだなと。これからも色々出て欲しいなぁ。

さて、今は便利な時代なので、すぐ動画も見られるので少しでも気になったら乃木坂を見ていただきたいな!と思います。そして、もし少しでも気に入ったならばライブや握手会に足を運んでみて下さいな。勿論、このブログを読んで「うるせーよ!俺たちの○○の方が最高だよ!」と思われる他の箱を推されているオタクの方もいらっしゃると思いますが、その方はその方でその箱の素晴らしさを広めていけばいいと思います。後、今やこれだけアイドルが多様化していると、アイドルに求めるものって本当人それぞれだと思うんです。だから、ここに書いてあることに全然ピンと来ない人がいても、それはそれで普通のことだと思います。ただ、僕がアイドルに求めるものは乃木坂46に詰まってました。